FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JIGSAW PUZZLE by横山輝一

横山輝一の「JIGSAW PUZZLE」は1991年のアルバム『HIT ME!』にトリとして収録されています。

異曲ぞろいのこのアルバムですが、中でもこの曲はミステリアスを強く印象付ける仕上がりとなっております。

そうですね・・・。この曲を一言で表すなら、洞窟だと思います。

初めて聴いた時に、まるで洞窟の中にいるかのような感覚に陥ってしまった事が要因です。

その要因は主に、曲調が不気味である事です。シンセが終始不気味な音を出しており、さらにベースがそれを存分に引き立てている事でミステリアスな雰囲気を醸し出しているのではと思っています。

間奏が終わり、最後のサビに突入のバース。ここは手堅くサビのメロディで締めるのかな、と思いきゃ突然のラップ。
これには抜かれました。ラップ中もコーラスでサビが流れていることにも、抜け目がありません。

輝一のボーカルも、上手い具合に力を抜いているので、技術の高さがうかがえます。

このように、『HIT ME!』のトリを務めるのには十分な異様さを出した曲でした。

編曲者はBernard Terry。不気味とミステリアスが両立するアレンジには脱帽です。特にベースが抜群のハマりでした。

シークレットベース

作詞作曲は横山輝一。ソングライターとしての才能を着実に高めていた時期ですが、その片鱗が感じられます。



スポンサーサイト

yes, i do. with BIG HORNS BEE by米倉利紀

1997年にリリースされた「yes i do.」は米倉利紀の代表曲の一つといえます。

米米CLUBのメンバーであり、BIG HORNS BEEを率いる金子隆博とのコラボでもあります。

yes, i do.

終始キャッチ―なメロディを、BIG HORNS BEEによるホーンセクションで彩り、聴き手を魅了。

AメロからB、サビの転調はとても大胆であり、清々しさを演出しています。

曲終盤に繰り出されるファルセットはとても綺麗で、ボーカリストの実力を見せられました。

EXILEのATSUSHIがASAYANのオーディションで歌っており、自身のソロライブでも披露されました。

カップリング曲は「summer boy」。当時までの米倉利紀には新鮮であろうラテン調な仕上がりとなっています。

カップリングでもBIG HORNS BEEが参加しています。

作曲・編曲はA、B面ともに金子隆博。その所為か、「summer boy」は米米CLUBのにおいがします。

作詞は米倉利徳。前向きな歌詞に勇気や元気を与えてくれます。






プロフィール

syo

Author:syo
こんにちは。syoと申します。

ここでは横山輝一や清木場俊介を中心にゆるーく語っていきたいと思います。

語るといってもただの自己満な上に見る人がいないので、

ほぼ独り言になりますが見て頂ければ幸いです。

懐メロといっても私は十代なので、そこまで懐くないかもしれません。

また、ゲームもかなり好きなのでそっち方面にも行けたらなと考えております。

緑が大好きです。すべて緑になればいいと思うことがあるくらいです。

このブログでは基本的に敬称は略させていただいております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。